2000年の歴史をもつ、長期熟成ハムの世界

NEWS

■1月に入会された方々のご紹介(2021.1.13)
【個人会員】
横川咲様
第三回カパブランカ国際コルタドール競技会interporc-JCHA杯にて女性初優勝。2020年10月、京都市中京区にてハモンセラーノ、ハモンイベリコをおススメとした高倉小よこバルを夫とオープン。
高倉小よこバル
〒604-8116 京都市中京区和久屋町357-1
TEL:075-708-7041
【個人会員】
小熊 皓太様
船橋のBar篠崎に所属。
2019コルタドールコンテスト東京大会優勝の経験を生かし、店舗特性のシェリーやカクテルとのマリアージュを提案。更に生ハムの知識を深め、お客様に生ハムの魅力を伝えて行きたい。

■新たな生ハムの食文化初級認定試験合格者のお知らせをさせて頂きます。(2021.1.10)
おめでとうございます!
12月13日から昨日までに新たに合格された方々は、
1. 河合 杏奈様
2. 松下 博昭様
の2名の方々が300点満点を取り、生ハムの食文化初級認定証を獲得されました。これからも生ハムの正しい知識普及に取り組んで下さい。

■生ハム協会関係者の皆様、生ハムに興味をお持ちの皆様(2021.1.1)
新年明けましておめでとうございます。
昨年は歴史的にみても人類にとって未曾有のパンデミック、新型コロナの感染問題が発生し、未だ収束の兆しが見えないばかりか、変異種の発生により更なる困難に直面する新年となると見込まれます。早くワクチンが一般に普及し、感染問題の収束を願うばかりです。ところで、生ハムは2千年以上前から地中海諸国での基本食材の重要な食品であり、ローマ帝国時代(日本の弥生時代)からの優れた栄養価と保存性を誇る食品でありました。ローマ時代のタベルナのフレスコ壁画にも生ハムが描かれ、台所を持たなかった一般庶民もタベルナや食堂にて生ハムを食していたと思われます。
その生ハムは、歴史上数々発生したパンデミックの経済的落ち込みや経済危機の脅威を乗越え、現在まで地中海食文化の花形であり続けています。製造に多くの労力と日数が掛かる生ハムが現在まで地中海食文化の花形であり続ける理由は、一に美味であり一度食べると忘れられない魅力があること。次に豊富な栄養価とミネラルやビタミン類、特に一切加熱されることなく製造されるため良質な脂質(オレイン酸)やビタミンB1が含まれ、人類に活力を提供して来たことは明白な事実なのです。
日本市場では、生ハムと呼ばれる商品の中でも8割を占める短期製造工程の還元みずあめや調味料を使用しスモーク加工した商品より、当協会が扱う本来の生ハム(長期熟成ハム)が味覚や栄養成分の点でより優れていることも明白であります。
今日パンデミックに悩む日本の方々の健康維持に生ハム(長期熟成ハム)は、実はとても有益な食品なのです。
新しいこの一年、生ハムの食文化の啓蒙活動を通して、皆様のお役に立つ活動をして参りますので、何卒一般社団法人日本生ハム協会を宜しくお願い致します。
新年での皆様のご健康とご発展を祈念申し上げます。
一般社団法人日本生ハム協会
代表理事 渡邉直人

■中級資格試験問題掲載のお知らせ(2020.12.31)
大変遅くなりご迷惑をお掛けしておりましたが、本日「生ハムの食文化中級試験問題」を協会のウエッブサイトに掲載いたしましたので、ご確認をうえ挑んで下さい。なお試験を受けられる方は、初級認定取得者に限られ、協会から提供される合格者としての番号を入力のうえ問題に挑んで下さい。
合格基準点は、難問も含まれますので、満点ではありません。この中級資格取得者は、イタリアとスペインの生ハムの製造方法の違いや各産地の特性を十分に説明できるようになります。詳しくは、こちらをご覧下さい。

■第11回世界生ハム学会延期のお知らせ (2020.12.15)
当協会の海外最高顧問であり第11回世界生ハム学会大会開催委員会会長のフリオ・タピアドール氏から「来年6月にスペイン・セゴビアにて開催予定であった第11回大会をCovid19の影響により再来年2022年6月8〜10日に延期する。」との報告がありましたので、皆様へご報告させて頂きます。
世界生ハム学会

■新たな生ハムの食文化初級認定試験合格者のお知らせをさせて頂きます。(2020.12.13)
おめでとうございます!
11月11日から昨日までに新たに合格された方々は、
1. 山本 大志様
2. 錦織 聡様
3. 篠原 敬弘様
の3名の方々が300点満点を取り、生ハムの食文化初級認定証を獲得されました。これからも生ハムの正しい知識普及に取り組んで下さい。

■12月に入会された方々のご紹介(2020.12.13)
【個人会員】
白井賢一郎様
小田急狛江駅前にて2010年からBAR iCHiを営業し、今年10周年を迎えた。
類稀なシェリーやカクテルの知識と軽妙洒脱な会話でお客様を魅了する。生ハムへの特別な思い入れもあり、今後の協会活動での活躍も期待される。

【賛助会員】
SFK社様
兵庫県にて拘りの15年前から有機食品の販売を行い、由来のハッキリした食品しか扱わない確かな姿勢は、お客様の絶対的支持を得ている。

■今期新会員のご紹介(2020.12.1)
1. 白井紀子様
長年イスパjp事務局長として、スペイン語圏と日本の文化交流に貢献。
2. 石田敦子様
イスパjp理事として、スペイン語圏との交流に尽力。ワインのWSET有資格者。
3. 菅原ふみ様
青年海外協力隊員の一員として南米で活躍し、現在はパラグアイのアルパ奏者として活動を行なっている。
4. 小櫻 憲治様
食肉の専門家として、つとに有名。国産の生ハム(長期熟成ハム)生産を手掛け、その情熱と熱意は留まることを知らない。
5. 神谷 利徳様
FM愛知のパーソナリティ。外食店舗のデザイナーとして、日本の第一人者。また、並外れた外食に関する知識は、大変有名。
6. 川端 極様
日本のトップクラスのコルタドールとして、数々のコルタドール競技会に参加し、優秀な成績を収めている。当協会が今夏始めた「生ハムの食文化初級認定試験」にて第一号認定者となる。
7. 賛助会員 株式会社マ・メゾン様
名古屋を起点に国内外に様々な業態の外食店や販売店を34店舗展開する成長著しいレストラン経営会社。

■生ハムの日にご参加頂いた方のブログを掲載せていただきます。(2020.11)
https://ameblo.jp/sakura-beautiful/entry-12639490378.html?fbclid=IwAR3aUXtBBcp282KyPeIL8cjIeb1zVkbwMk7dO8GYkid-mT5pRiUiznlA7jc (facebook.com)

■ 生ハムの日のイヴェントが、新聞各社に掲載されました!(2020.11)
日本食糧新聞(2020年11月27日)
食肉通信社 食肉速報(2020年11月13日)
食品産業新聞社 畜産日報(2020年11月13日)

■「生ハムの日」のイベント開催のお知らせ(2020.10)
皆様、お待たせ致しました。
今年も新コロナの脅威に負けず、「生ハムの日」のイヴェントをパワーアップして開催致します。新コロナ対策を万全に行い、皆様により楽しんで頂ける予定です。
開催日と時間:2020年11月11日 18:00 ~20:30(受付開始17:30)
会場:表参道bamboo (住所:東京都神宮前神宮前5丁目8-8、
最寄駅:東京メトロ「表参道」駅A1出口より徒歩3分)B1 宴会場
募集人数:新コロナ対策として、先着お申し込み40名様限定とさせて頂きます。
会費: ①一般の方々 お一人様7千円。
②個人会員 お一人様3千円。
*一度お申込み頂きますとキャンセル(払戻)は出来ません。
新コロナ対策:ご来場までマスクを着用下さい。
会場受付前に検温並びに手指消毒をお願いしております。
受付時に協会からフェースシェードを皆様へご提供します。

イヴェントの内容(新コロナ対策のために多少の変更がある可能性があります)。
*協会の活動報告。
「生ハムの初級認定証」の授与式。今年8月からスタートした日本で初めての「生ハムの資格」制度です。
*生ハム4種の説明。
*シェリー、ワイン、ランブルスコとのマリアージュ。その他ソフトドリンクのご試飲。①最優秀ベネンシアドーラによるシェリーのサービス。
②㈱正光社様のワインの説明。
*生ハムのカッティング競争。有志の方にご参加頂き、順位により賞品をお届け。
①コルタドールチャンピョンの篠崎新平氏による生ハムのカッティングの説明と有志の方によるカッティングトライアル。
*ジャンケン大会。今年も白トリュフ、生ハム、オリーブオイル等びっくりする内容の賞品を準備させて頂きます。お土産は、必ず皆様にご満足いただける内容です。
お申し込みは、先ずこちらのパスマーケット から。

さあ、生ハム好きな皆さんとご一緒に年に一度の「生ハムの日」を本物の生ハムを味わいながらお祝い致しましょう!

なお、申込後に当日熱があったり、体調不良の方の入場はお断りいたしますので、悪しからずご理解ください。

■協会ウェブサイト復旧のお知らせ(2020.10)

本日当協会のウェブサイトは、適正に機能するようになりましたのでお知らせ申し上げます。大変長い間当協会のウェブサイトがハッキング攻撃のために適正に掲示できておらず、大変ご迷惑をお掛けし誠に申し訳ございませんでした。
ウェブサイトには、「生ハムの食文化初級認定証試験」も掲載されており、生ハムの食文化にご興味のあるどなたでも無料で参加できます。
また、何度でも同じ問題にトライ出来、しかもご自分の得点を自己採点して頂くことができ、満点獲得に挑戦して頂けます。 3つの初級試験で満点獲得をされた方は、有料となりますが「生ハムの食文化初級認定証」をお届けさせて頂きます。詳しい内容は、ウェブサイトの初級認定試験問題のところに記載されていますので、是非ご覧ください。
この生ハム食文化の初級の知識を習得すれば貴方もバルのヒーローになれます。ワインのサービスに携わる方々にとっては、本来の地中海食文化を理解することに繋がり、お客様への地中海食文化の説明に深みが増すこと間違いありません。さあ、世界的に盛り上がりつつある生ハム人気をご一緒に楽しみましょう。

■皆様へのお知らせ(2020.8)
お待たせ致しました。生ハムの食文化初級認定問題をアップ致しましたので、生ハムにご興味のある方は是非チャレンジしてみて下さい。
生ハムの食文化初級認定問題はこちら。

■生ハムの食文化初級認定試験について(2020.7)
7月中旬にホームページ上に掲載予定でした初級認定試験の準備が遅れております。皆様には大変ご迷惑をお掛け致しまして申し訳ございません。現在システム上の問題が発生しており、解決次第試験問題を掲載させて頂きます。現在来月初めから掲載できる様に問題解決に取り組んでおりますので、今暫くご猶予のほど、お願い申し上げます。

■皆様へのお知らせ(2020.7)
長きにわたり、熊本にてスペイン料理のレストラン、エル・カスティーヨを経営されておられました当協会設立会員の城 章洋様が、福岡に移転され、8月8日(土)15:00から新たに開店されます。
皆様におかれましては、食材やワインのご提案も勿論ですが、皆様お誘い合わせの上、是非お食事や会合にご訪問をお願い申し上げます。
移転先 〒810-0003
福岡県中央区春吉2-9-1-Cファロ・ディ・ハルヨシⅡ
電話番号 092-753-7311
https://elcastillo.jp/
一般社団法人日本生ハム協会
事務局
■インターポーク主催2020年カパブランカ・コルタドール・グランドファイナル決勝大会に付いてのお知らせ(2020.6)

本年2月にインターポーク・JCHA主催カパブランカ・コルタドール競技日本大会を行い、横川咲氏が優勝致しました。
本年のスペイン・マドリッドで9月にグランドファイナル決勝大会に同氏が参加予定となっていました。しかし残念ながら昨今の新コロナウィルス感染問題により、マドリッドのグランドファイナル決勝大会は期日未定の延期と決定致しました。
取り急ぎご報告致します。
一般社団法人日本生ハム協会
事務局

■生ハムの資格制度の試験と講習会の件:(2020.3)
生ハムの資格制度試験と講習会をこの春からスタートする予定でありましたが、ご存知の様に現在新コロナウィールスの広がりが未だ終息を見ず、皆様へのご案内を延期せざるを得ない状況でございます。 生ハムの資格制度試験と講習会年内に行う予定でありますが、現在猛威を振るう新コロナウィルスの問題の終息に目途が付いた時点で改めて具体的に日程と内容を案内掲示致します。皆様に於かれましては、ご自愛専一のほどお祈り申し上げます。
一般社団法人日本生ハム協会
事務局

イベント情報

PAGETOP
Copyright © (一社)日本生ハム協会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.